櫛羅(くじら)の滝(もしくは不動滝、一の滝)

2008/5/17、2回目の訪問。

櫛羅の滝

↑櫛羅の滝の看板
滝の名前の由来は、弘法大師が天竺のクジラの滝に似ていることから命名したそうです。
最初は供尸羅の滝だったらしいですが、縁起が悪いので櫛羅に改名されたそうです。
ちなみに大和葛城山の奈良側の登山口あたりは、櫛羅という地名でもあります。

櫛羅の滝

↑櫛羅の滝

櫛羅の滝

↑櫛羅の滝

櫛羅の滝。もしくは一の滝、不動の滝、尼ヶ滝等とも言われる。
今回は下山途中に訪問したが、登山口からは10分程度で到着する。
大和葛城山のツツジを楽しんだ後、水量は多くない滝だが、登山や下山の途中に一時の涼を味わうのがぴったりの滝。
上流には行者の滝がある。


百選以外の滝の一覧へ


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS